乾燥肌は美容の大敵│サプリメントで体内からの保湿ケアを行なう

内側からのお肌健康術

栄養剤を持つ婦人

お肌の新陳代謝を促す物質

お肌の健康にとって乾燥は最大の敵です。特に冬場は空気が乾いているので、お肌がカサカサになってかゆみを生じます。乾燥肌は美容にとっても大きなマイナスとなりますから、女性の多くは何らかの乾燥対策を講じています。最も端的な乾燥肌対策は、お肌に保湿剤を直接塗ることです。これは外側からのお肌健康法と言えます。しかしながらこの方法だけでは乾燥肌を完全に防ぐことができません。塗るタイプの保湿成分にも効果に限界があるため、乾燥肌を防ぐためには体の内側からの対策も不可欠なのです。皮膚を作っている材料は、プロティンとも呼ばれるたんぱく質です。このプロティンが不足して材料補充が追いつかなくなると、皮膚の新陳代謝も滞るようになります。お肌の潤いを保っているのはセラミドと呼ばれる細胞間脂質ですが、こうした成分は角質層の新陳代謝で誕生します。年齢が若いほど新陳代謝が盛んで皮膚細胞が活発に生まれ変わるため、お肌の潤い成分も多く乾燥しにくいのです。そうした理由から、プロティンの積極摂取が乾燥肌を防ぐことにつながります。日頃の食事でたんぱく質が不足しがちな人は、サプリメントを利用してプロティンを補給するといいでしょう。

潤い成分誕生のプロセス

お肌は外側から順に、角質層・顆粒層・有刺層・基底層という4層構造をしています。表皮細胞は一番下の基底層で誕生し、角質層へと順番が上がっていきます。こうした新陳代謝の過程でセラミドが生まれ、細胞と細胞の隙間を埋めています。保湿効果を持つセラミドは、お肌の潤いを保ちながら表皮細胞を守っているのです。表皮細胞の材料となるプロティンが不足してこの新陳代謝の流れに乱れが生じると、角質層のセラミドも足りなくなります。こうして表皮の保湿能力が失われた状態が乾燥肌です。この状態になると表皮細胞が外部からの刺激を受けやすくなり、かゆみや炎症を生じます。これを防ぐためにも表皮細胞の新陳代謝とプロティンの補給が欠かせません。効率よくプロティンを摂取できる方法として、サプリメントが人気を集めているのです。プロティンサプリメントの多くは、食物からたんぱく質を摂取するよりも吸収効果が高まるように工夫されています。ドリンクタイプやタブレットタイプなどいろいろな製品がありますので、好みに合わせて選ぶといいでしょう。乾燥肌を防ぐには外側からのケアに加えて、サプリメントを賢く利用した内側からの栄養補給も欠かせません。

天然の予防薬で健康生活

茶色のドラッグ

サポニンは大昔から生薬として利用される成分です。苦味の原因でもあり、お茶や高麗人参、ブドウに多く含まれています。サポニンは種類によっては毒性があるので注意が必要ですが、食材に含まれるものでは気にしないでいいでしょう。

健康な身体を維持する

サプリメント

マカに含まれている成分で、毎日の食事で補えない成分を摂取する目的として服用するようにしましょう。適量を摂取することで健康的な身体になり体調の維持管理がし易くなり、何かをする時にも力と意欲が沸いて充実した生活が送れるようになります。

健康で意識すること

サプリを持つ手

高血圧は、そのまま放置してしまうと動脈硬化、心筋梗塞などの病気を招いてしまいます。また、重篤な病気にならなくても、心臓に負担がかかり疲れやすくなります。なので、解消するには、カリウムのサプリをおすすめします。